二等無人航空機操縦士

Second-class Unmanned Aerial Vehicle Pilot

⼆等無⼈航空機操縦⼠講習

国土交通省の登録講習機関である日本無人航空機免許センター(以下JULC)の「二等無人航空機操縦士講習」を修了した方は、指定試験機関による実地試験の免除が可能です。
技能証明書の取得には、国⼟交通省の指定試験機関による「学科試験」「実地試験」「⾝体検査」の合格が必要となりますが、JULCの講習と審査を修了することで指定試験機関での「実地試験」が免除されます。JULCから発⾏される修了証明書を受験者が「ドローン情報基盤システム(DIPS)」から申請を⾏うことで、実地試験が免除されます。

<⼆等無⼈航空機操縦⼠とは>

⼆等無⼈航空機操縦⼠技能証明はカテゴリーⅡ⾶⾏に該当する無⼈航空機の⾶⾏経路下において、⽴⼊管理措置を講じたうえで特定⾶⾏を⾏う知識・能⼒を有することの証明となります。
⼆等無⼈航空機操縦⼠技能証明を取得し、その他の条件を満たせば「カテゴリーⅡBの特定⾶⾏」(第⼆種機体認証以上及び⼆等操縦者技能証明以上を保有が条件)を⾏う場合に、⾶⾏許可・承認⼿続きが不要になります。

「無⼈航空機操縦者技能証明」制度の詳細はこちら

JULCの受講メリット

  • 経験豊富な
    講師陣

  • 全国対応の
    教習所

  • 豊富な
    受講特典

  • 業務に
    活用できる
    応用講習

  • オンライン
    講座

  • 経験豊富な講師陣

    JULCでは、実際に無⼈航空機を運⽤する操縦者を教官に集めており、豊富な経験と教育のノウハウを通じて、質の⾼い講習を提供いたします。 ドローンのグローバルメーカーでオフィシャルパイロットを務めたセンター長にアドバイザリーを加え、無⼈航空機を実際に運⽤する教官がカリキュラムを作成しております。

  • 全国対応の講習所

    JULCの教習所は全国に拡⼤しており、全国どこの教習所でも統⼀したカリキュラムにて受講が可能です。 また出張講習の相談に応じることが可能です。

  • 受講特典

    JULCで技能証明講習を受講した⽅々に様々な特典をご⽤意しました。

    受講特典はこちら

  • 業務に活用できる応用講習

    JULCは、技能証明講習のみではなく、現場の業務において活⽤できる応⽤教育を⽤意しております。 「無⼈航空機操縦者技能証明」は、国⼟交通省が無⼈航空機を⾶⾏させるのに必要な技能(知識及び能⼒)を有することを証明する資格制度です。 ⼀⽅で建築・⼟⽊をはじめ、点検・管理や農業、災害対策とさまざまな分野でのドローンの活⽤には、それぞれに特化した応⽤教育が必須です。 JULCでは技能証明取得から応⽤教育をワンストップで提供いたします。

  • オンライン講座

    JULCは、国内の主要な企業や組織の専⾨家による無償・有償のオンライン講座を実施しております。 めまぐるしく変わる無⼈航空機を取り巻く法律などを皆さまと⼀緒に学び、情報をアップデートすることが可能です。

講習⽇程

講座:全て

受講者区分:全て

実地講習区分:全て

エリア:全て

二等無人航空機操縦士 基本【経験者】

料⾦
【全教習所にて入学金無料キャンペーン実施中!!!】キャンペーン適用料金:112,200円(税込)
さらに、期間限定の割引を実施している教習所もございます。
各講習の詳細よりご確認ください。
【学科講習】4時間 【実地講習】2時間 【修了審査】1時間

日程

教習所

二等無人航空機操縦士 基本【初学者】

料⾦
【全教習所にて入学金無料キャンペーン実施中!!!】キャンペーン適用料金:363,000円(税込)
さらに、期間限定の割引を実施している教習所もございます。
各講習の詳細よりご確認ください。
【学科講習】10時間 【実地講習】11時間 【修了審査】1時間

日程

教習所

二等無人航空機操縦士 基本+限定変更①:目視内【経験者】

料⾦
【全教習所にて入学金無料キャンペーン実施中!!!】キャンペーン適用料金:189,200円(税込)
さらに、期間限定の割引を実施している教習所もございます。
各講習の詳細よりご確認ください。
【学科講習】4時間 【実地講習】4.5時間 【修了審査】1時間×2

日程

教習所

二等無人航空機操縦士 基本+限定変更①:昼間飛行【経験者】

料⾦
【全教習所にて入学金無料キャンペーン実施中!!!】キャンペーン適用料金:189,200円(税込)
さらに、期間限定の割引を実施している教習所もございます。
各講習の詳細よりご確認ください。
【学科講習】4時間 【実地講習】4.5時間 【修了審査】1時間×2

日程

教習所

二等無人航空機操縦士 基本+限定変更②:目視内、昼間飛行【経験者】

料⾦
【全教習所にて入学金無料キャンペーン実施中!!!】キャンペーン適用料金:266,200円(税込)
さらに、期間限定の割引を実施している教習所もございます。
各講習の詳細よりご確認ください。
【学科講習】4時間 【実地講習】7時間 【修了審査】1時間×3

日程

教習所

二等無人航空機操縦士 基本+限定変更②:目視内、昼間飛行【初学者】

料⾦
【全教習所にて入学金無料キャンペーン実施中!!!】キャンペーン適用料金:517,000円(税込)
さらに、期間限定の割引を実施している教習所もございます。
各講習の詳細よりご確認ください。
【学科講習】10時間 【実地講習】16時間 【修了審査】1時間×3

日程

教習所

二等無人航空機操縦士 基本+限定変更③:目視内、昼間飛行、25kg未満【経験者】

料⾦
【全教習所にて入学金無料キャンペーン実施中!!!】キャンペーン適用料金:343,200円(税込)
さらに、期間限定の割引を実施している教習所もございます。
各講習の詳細よりご確認ください。
【学科講習】4時間 【実地講習】9.5時間 【修了審査】1時間×4

日程

教習所

二等無人航空機操縦士 限定変更①:目視内【共通】

料⾦
【全教習所にて入学金無料キャンペーン実施中!!!】 キャンペーン適用料金:77,000円(税込)
さらに、教習所ごとに期間限定の割引を実施している場合があります。
各講習の詳細よりご確認ください。
【実地講習】2.5時間 【修了審査】1時間

日程

教習所

二等無人航空機操縦士 限定変更①:昼間飛行【共通】

料⾦
【全教習所にて入学金無料キャンペーン実施中!!!】 キャンペーン適用料金:77,000円(税込)
さらに、教習所ごとに期間限定の割引を実施している場合があります。
各講習の詳細よりご確認ください。
【実地講習】2.5時間 【修了審査】1時間

日程

教習所

二等無人航空機操縦士 限定変更①:25kg未満【共通】

料⾦
【全教習所にて入学金無料キャンペーン実施中!!!】 キャンペーン適用料金:77,000円(税込)
さらに、教習所ごとに期間限定の割引を実施している場合があります。
各講習の詳細よりご確認ください。
【実地講習】2.5時間 【修了審査】1時間

日程

教習所

教習所から探す


⼆等無⼈航空機操縦⼠講習の内容

⼆等無⼈航空機操縦⼠講習の教育内容は、国⼟交通省が内容基準を定めており、その内容に沿って登録講習機関である日本無人航空機免許センターが講習内容を作成しております。

講習種類
⼆等無⼈航空機操縦⼠講習は、技能証明制度の限定内容に応じて、「基本」に加え「25kg以上」「⽬視外」「夜間」の限定変更の講習を⽤意しております。

講習の種類 取得できる技能
基本講習
(限定変更なし)
目視内・昼間において、立入管理区画を設置し特定飛行
(DID、人・物件30m以内に限る)
25kg以上
限定変更講習
立入管理区画を設置し大型機の飛行(目視内・昼間)
目視外
限定変更講習
立入管理区画を設置し補助者なしの目視外飛行(25kg未満・昼間)
夜間
限定変更講習
立入管理区画を設置し夜間飛行(25kg未満・目視内)
受講者の区分
各種講習は、受講者が「初学者」と「経験者」に区分され、講習時間数が異なります。
国土交通省では、初学者、経験者の明確な定義は一律に設けておりません。 講習時間数が異なるコースになりますので、公平性を担保するため、最後の修了審査は同じ内容を受けていただく必要があります。 JULCでは経験者の定義づけについて以下のような基準を設けております。

○ JULC 経験者基準
国土交通省 HPに掲載される講習団体が発行する民間技能認証を保持する者、又は講習申込み時に10時間以上の操縦経験を有することを書類等で証明ができ、JULCが経験者に相当すると認めた者と定義しています。
講習時間
講習時間は国土交通省が以下の基準を定めております。
JULCカリキュラムにおきましてもこの基準に沿って作成しております。限定変更講習は学科講習がなく実地講習のみ追加となります。

受講内容
登録講習機関では「学科講習」「実技講習」の受講および、実技技量の習熟度確認のため「修了審査」を受けていただきます。

○ 学科講習
学科講習では無⼈航空機の基礎知識および運⽤知識を学びます。JULCでは、⽇本全国の無⼈航空機を運⽤する⽅々の中から、選りすぐりの⼈物を講師陣に揃えました。 国⼟交通省より公布されている基礎的な内容に加え、空撮、測量、災害対応、実証実験、農業利⽤などの運⽤現場で培ってきた経験、ノウハウを学科教材に落とし込み、安全で⽣産性の⾼い⾶⾏を実現するために必要な要素を皆様にお伝えいたします。

サンプルテキストはこちら


出典:「一般財団法人 日本海事協会」無人航空機操縦士試験全体の流れ



○ 実地講習
実地講習では、ご⾃⾝で無⼈航空機を⾶⾏させる際に安全意識を持ち、⾃信を持って⾶⾏させることができる技量の習得を⽬指します。 国⼟交通省より公開されている修了審査項⽬を合格できる技量だけではなく、無⼈航空機操縦⼠資格取得後の運⽤、特にトラブル発⽣時に対処できる技量を⾒据えたカリキュラムをご提供いたします。
JULCでは測量をはじめ様々な業務別⺠間講習を展開しておりますが、その基本の技量証明資格として無⼈航空機操縦⼠講習を実施しております。



○ 修了審査
修了審査の内容は、指定試験機関の実地試験の内容と同じになります。 JULCが重視するポイントは試験項⽬をクリアすることではなく、操縦者が無⼈航空機を思う通りに操作できることです。 審査項⽬に沿った条件の⾶⾏だけではなく、より熟練度の⾼い⾶⾏を実地講習カリキュラムに盛り込んでおり、修了審査に余裕をもって挑める講習内容をご提供いたします。
国土交通省二等修了審査について詳しくはこちら
講習料
受講する講習ごとの料金は以下となります。
ただいま、JULC全教習所にて入学金無料キャンペーン(税込16,500円OFF)を実施中です!!!!
さらに、期間限定の割引を実施している教習所もございます。各講習の詳細よりご確認ください。

二等無人航空機操縦者技能証明【経験者】 (税込)

基本 基本+限定変更① 基本+限定変更② 基本+限定変更③
学科時間 4時間 4時間 4時間 4時間
実地時間 2時間 4.5時間 7時間 9.5時間
修了審査時間 1時間 1時間×2 1時間×3 1時間×4
合計時間(目安) 7時間 10.5時間 14時間 17.5時間
総額料金 ¥128,700 ¥205,700 ¥282,700 ¥359,700
【期間限定】
入学金無料キャンペーン
適用料金
¥112,200 ¥189,200 ¥266,200 ¥343,200

二等無人航空機操縦者技能証明【初学者】 (税込)

基本 基本+限定変更① 基本+限定変更② 基本+限定変更③
学科時間 10時間 10時間 10時間 10時間
実地時間 11時間 13.5時間 16時間 18.5時間
修了審査時間 1時間 1時間×2 1時間×3 1時間×4
合計時間(目安) 22時間 25.5時間 29時間 32.5時間
総額料金 ¥379,500 ¥456,500 ¥533,500 ¥610,500
【期間限定】
入学金無料キャンペーン
適用料金
¥363,000 ¥440,000 ¥517,000 ¥594,000


※講習時間は国土交通省の定める所定の時間を確保した上で、当日の進行により変動する場合がございます。
※実地講習時間には練習時間は含まれません。
※各料金にはテキスト代、修了審査料、修了審査証明書発行手数料を含みます。
※各限定変更には学科講習はありません。
※二等無人航空機操縦の限定変更「目視内飛行」「昼間飛行」「25kg未満」は全て同じ時間数・料金となります。
※各限定変更は組み合わせて取得することができます。①、②、③は同時に申し込む限定変更の個数となります。
※実地講習終了時点の見きわめにて、習熟度が不足している場合は補講を受講できます。
※補講は2時間まで1時間あたり11,000円(税込)、3時間目以降は1時間あたり22,000円(税込)で何回でも受講できます。
※修了審査が不合格となった場合は、1回11,000円(税込)にて再度修了審査を受験できます。
※経験者の申込みの場合であっても、円滑な8の字飛行やATTIモードでの安定した飛行に不安がある方は、事前に補講の申込みも合わせてご検討ください。
※ご自身の操縦の技量や知識に不安がある方は、最寄りのJULC教習所にご相談いただければオススメの受講方法をアドバイスさせていただきます。
⼊学書類
以下のご提出が必要になります。
①入学申請書(講習当日にご案内します)
②技能証明書申請者番号の発行時に使用した本人確認書類のコピー
例:運転免許証(両面)、マイナンバーカード(表面)、パスポート、その他郵送にて本人確認を行った書類
③運転免許証コピー(上記本人確認書類のコピーが運転免許証でない場合で、運転免許証をお持ちの方)
④写真(縦:30 ㎜×横:24 ㎜)の裏⾯に⽒名及び⽣年⽉⽇を記⼊したもの 1葉
⑤民間技能証明または10時間以上の飛行記録(経験者として受講される場合)
※②・③については現物確認をいたしますので、必ず現物をご持参ください。
技能証明申請者番号取得
技能証明講習のお申込みにあたっては、国⼟交通省が運営管理するドローン情報基盤システム(DIPS)にて技能証明申請者番号を取得する必要があります。

○ 技能証明申請者番号取得⽅法
① 国⼟交通省が運営管理するドローン情報基盤システム(DIPS)にてアカウントを取得します。
②取得したアカウントでDIPSにログインします。
③「技能証明申請者番号の取得」を押下し、申請を⾏います。
④申請後に国による本⼈確認の審査が完了したら技能証明申請者番号がDIPSから⾃動で発⾏されます。
※技能証明申請者番号は、技能証明講習の受講以外に、証明書交付などの⼿続きに必要となる重要な番号であるため必ず保管してください。